【太陽光発電 施工例】釜石市 G様邸

太陽光発電について

太陽光発電につきましては、日本では「京セラ」「シャープ」「サンヨー」が主流となっています。

屋根に乗るパネル=太陽電池の構造

基本構造は3社とも同じで、シリコンという半導体をガラスと樹脂の間に挟み込み、周りをアルミフレームで囲っている単純なものです。メーカーの主な違いはシリコンの違いになります。 シリコンは、多結晶・単結晶・アモルファスもしくは、その複合品となります。


太陽電池の発電効率と価格の違い

発電効率(どれだけ発電するか)は

   単結晶+アモルファス>単結晶>多結晶
となり同時に価格も
   単結晶+アモルファス>単結晶>多結晶
となります。(単純に性能が高くなれば、値段も高くなると考えてください)
『発電効率』『デザイン性』『価格』はそれぞれメーカーの特徴があります。

単結晶+アモルファス 単結晶

主な太陽光発電メーカー

京セラ

1993年に業界初の住宅用太陽光発電システムを発売したメーカー。
デザイン性の高さや狭い屋根にも設置できる商品設計など、
日本の屋根への設置研究には定評がある。多結晶夕イプ。

シャープ

太陽光発電の開発にはじめて取り組んだメーカー。多結晶夕イプ。

サンヨー

設置面積あたりの発電効率はNO1の技術を持つメーカー。
単結晶+アモルファスの複合品タイプ。

三菱電機

東芝

長州産業

フジプレアム

株式会社カネカ

Qセルズジャパン

ネミーエネルギーソリューションズ株式会社